« 偶然 | トップページ | 視界不良 »

雪晴れの朝

Dsc_1179sp_2

20082月 只見線 会津宮下-会津西方

 

朝、目を覚まして窓の外を見ると、木の枝には雪が積もっていた。昨晩降ったのだろう。雲の切れ間から空が見える。晴れてくるかもしれない。週末遠征組の自分にとって、こんなチャンスはなかなか巡ってこない。

よし、あそこに登ってみよう。

息を切らして雪の斜面を登っていくと、果たしてそこは素晴らしい景色だった。木々には雪が積もりあたり一面クリスマスツリーになっている。雪化粧した山々が遠くまで見渡せた。

雪晴れの朝。

冬の日差しは低く、谷間に架かる鉄橋にようやく日が当たり始めた。遠くから踏み切りの警報が聞こえてきた。

やがて列車が鉄橋の上を滑るように走って行った。

|

« 偶然 | トップページ | 視界不良 »

只見線」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572954/53680554

この記事へのトラックバック一覧です: 雪晴れの朝:

« 偶然 | トップページ | 視界不良 »