トップページ | 山里の春 »

はじめに

Dsc_3937
福島県大沼郡金山町

只見線を撮りに奧会津に通うようになってから、かなりの年月が経ちました。

  初めて只見線を知ったのは、あの有名な第一鉄橋の写真です。一目見て、ここに行ってみたいと思いました。そして最初に行った場所も第一鉄橋を見下ろす鉄塔の下でした。その時は、まさかこんなに通うようになるとは、思っても見ませんでした。でも気がつけば、首までどっぷりと浸かり、会津生まれでもないのに、ふるさとみたいに感じるようになっていました。

 有名な観光地とは無縁なところですが、只見川と鉄橋が織り成すすばらしい景観の中を走る只見線。山々に囲まれた里に赤い大きな屋根が印象的な家とそこに住む心やさしい人々。ここには日本の農村の原風景があるような気がします。そんな只見線や奧会津の魅力を少しでも伝えられたら、と思い、ブログを開設しました。拙い写真ですが、「良いところだな、行ってみたいな」と感じてもらえたらこの上ない喜びです。

毎日更新は出来ませんが、のんびりやっていこうと思いますので、よろしくお願いします。

追記

3月11日に発生した東北関東大震災は、多くの犠牲者と被災者を出し、日本に恐怖と大きな悲しみをもたらしました。被災された皆様には心よりお見舞いを申し上げます。

やっとの事で始めようと一大決心をして、準備を始めた矢先のことでした。この度の震災では奧会津のある福島県も浜通り地方で津波や原発による被害が広がっており、余談を許さない状況が続いています。そして関東地方では計画停電により生活や経済活動に支障が出ています。

なにもこんな時にブログを開始しなくても、もう少し世の中が落ち着いてからでも良いのではないか、とも思いました。しかし毎日被災地の報道を見るにつけ、こんな時だからこそ、どこか懐かしい、心が落ち着ける、そんな奧会津を紹介出来ればと思い開始を決めました。

|

トップページ | 山里の春 »

奧会津」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572954/51077456

この記事へのトラックバック一覧です: はじめに:

トップページ | 山里の春 »